×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


POTEMKIN対策




全キャラの中でも指折りの破壊力を持つポチョムキン。
それだけでなく、特殊な効果のある必殺技も多数装備の手ごわい相手。


立ち回り

基本は立ち回りで勝負を掛けたい所。


立ち回りの大前提として、まず互いの得意とする距離の違い。
ヴェノムは遠距離、ポチョは近距離が主に得意なキャラです。

つまり、こちらは相手を近づかせずに倒せばベスト。というわけ。

余程体力に開きが無い限り、接近戦を仕掛ける必要は皆無。
考えも無く低空ダッシュなんかしようものならそのままザトります。


※ザトる※
チップの「シショる」にちなんで勝手に名づけてみた。勿論「ザトー様ァ!」が語源。


そして、立ち回りにおいて何よりも障害となり得るのはデコピンことF.D.B.
相手は、こちらの飛び道具を弾きたくてウズウズしているはず。

そこで、立ち回りでは如何にデコピンを潰すか、
如何にボールを弾かれないか。が重要な要素の一つです。


まず、K生成昇りJP弾きは最重要シューティング。
この高さの玉はデコピンで跳ね返すことは出来ず、ポチョの動きを大きく制限できます。

その後は相手の出方を伺いつつP生成、S生成。
更に余裕があるのであればもう一度K生成JP弾きを敢行すべし。どんどんすべし。

相手が動かないで留まっているならコレだけやるべし。ひたすらやるべし。


動く相手には、P打ちを追いかけて、デコピンの出掛かりに遠Sを刺したり、
中距離での生成にはS生成>遠S弾き等、持続弾きが便利。

また、JHSなどで速球を打ち出して相手のタイミングを狂わせるのも有効。

この時、ポチョの足払いやメガフィストには要注意。
どちらにせよ、喰らってしまえば相手のターン。余計なモノは喰らわぬように。


もしデコピンで返されたときはひたすら後退してHS生成
場合によっては瞬間移動で波動の内側に移動したりしてなんとか避けよう。


他に立ち回りの障害となるのがスライドヘッド。
こればかりは絶対に喰らいたくない、何があっても転ばないように。

キャラ差を一気に覆す必殺の最終兵器、それがスライドヘッド。マジで注意

デュビの足元無敵で回避可能なので、狙えるなら狙う。
ボールを生成できて、回避も出来る。なによりカッコイイ。


相手に上を取られたら、基本は前P対空
他にHSカーカスや、JDに対しての近Sも有効。


被起き攻め

ポチョの起き攻めは強力でループ性があります。
ですから、さっさと抜けてしまいたいところ。

基本はファジージャンプ。
起き上がった瞬間から、ガードをしゃがみ>立ちと切り替え、最後にジャンプ

ポチョの中段下段投げは全てタイミングが違うので、ファジーが効果的。

また、相手のガトリングに対してはFDが有効。
硬直が伸びれば当て投げはシステム的に狙いにくく、更に距離も離せる。

ハンマーブレーキからのポチョバスはジャンプorバクステ回避が基本。


起き攻め

ゲージがあるなら迷わずダークを使う。

固めのときはSカーカスを打ちすぎない程度に、直ガポチョバスとか泣ける。
あと、ポチョのしゃがみガードには近Sが3ヒットするのを忘れない。

これを利用すれば、普段出来ないような難テクなんかも出来るかも?


個人的には・・・
ポチョのSカラーとかマジ最高。


キャラ別対策へ